会社情報

COMPANY PROFILE

 > 会社情報 > 経営理念

経営理念

打倒、偏屈!CEOよりのご挨拶

当社が目指すところは何か?一言で言いますと、世の中から相手にされるということです。個人であれば世捨て人という選択肢もあるのかもしれませんが、会社となればそうはいきません。世の中との関わりを断ってしまっては生きていけないのです。


相手にされるためにはまず、ズバリ経済的に世の中にプラスの価値をもたらす存在でなければなりません。平たく言えば、お金になる会社であるということです。我々の様々なネットワークサービスをご利用いただくことで、お客様に得をしていただき、料金をいただく。そのお金を、お取引先、社員、株主などの関係者にしっかりと還流していく。この流れを止めないために、その大元となるサービスを常に進化させ、商品価値を高めていく。これがまず基本ということになります。


しかし、世の中に相手にされるかどうかはお金の問題だけで決まるわけではありません。それは会社も個人も同じです。相手にされるためには、経済的豊かさとはまた別の「魅力」というものが必要になるのです。


「魅力」と言うのはつまり「面白さ」のことだと私は思いますが、「面白さ」にも色々あります。我々が目指すところは、いわゆるコメディアン的な、計算された人工の面白さではありません。そういう理屈で考えられたものではなく、もっと個々の人間が持っている感性に根差した面白さです。


我々は、決められたやり方に従い、一丸となって、一糸乱れず、といったアプローチを通常はとりません。個々人が自らの感性で動くことを旨としています。組織の混乱を防止するためのコミュニケーションやホウレンソウも、反面、無駄な情報の氾濫で場がよどみ、知っているという安心と甘えの中で、各人の感性が鈍化するおそれがあるので、あまり重要視しないのです。


しかしいざ事が起これば、コミュニケーションやホウレンソウなどなくても、個々の感性は解決と言う一つのベクトルに向かって瞬時に融合し、あっという間に壁を突破してしまう。そういうのが面白いし、魅力的なのではないかと考えるわけです。


従って我々は、社員に細かい制約は設けません。唯一、常に魅力的で面白くあるために、成長していくことを求めます。成長に対して愚直なまでに真面目であることと、成長して壁を突破していく力を上げていくことを目指します。


そのために一番戒めなければならないことは、もっともらしい理屈に逃げ込んで、今ここにある課題に対して、行動をしないで考え込むということです。そうではなく、感性に従ってやってしまうこと、そして課題を突破してしまう魅せる感性を身につけること、それこそが我々の目指すところであります。

代表取締役 CEO 奥野 政樹

経営理念

  • 当社は、社員の成長を助成し、成長を続ける社員の行動により、
    世の中に付加価値をもたらすことを旨とします。
  • 人間は、必要とされ、大切にされることで成長意欲を高めます。
    従って、当社は社員を人間として尊重し、大切にします。
  • 人間は、挑戦と創造を楽しむことによって成長します。
    従って、当社は社員に挑戦と創造の機会を用意します。
  • 挑戦と創造は、こだわりを捨て、おそれを克服することから始まります。
    従って、当社は社員に合理的に考え、果敢に行動することを求めます。

行動規範

  • 他人のせいにしない。
  • 自分のせいにもしない。
  • 誰のせいか考えている暇があったら、今、やるべきことをやる。
  • やるべきことが難しいからといって、やる必要のないことをやってごまかさない。
  • 他人に迷惑をかけることを恐れない。
  • それより迷惑をかけたら、倍にして恩返しする。
  • ずるいことをしない。
  • ベストの体調・心調で、業務に望めるよう努力する。

企業目標

  • データが輝くネットワーク
  • 電光石火のサポート
  • 言語を超えた国際性

社員成長目標

  • 絵になる真面目さ
  • 魅せる感性
  • 突破の美学
電話番号03-5209-2222
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ
資料ダウンロード
各種お問合せ、お見積もり、資料請求に関するご質問を承っております。まずはお気軽にご連絡ください。